リフォーム工事で思う事/最新情報

HOME > 最新情報 > リフォーム工事で思う事

リフォーム工事で思う事

快適住空間とは・・・・つまりは高断熱高気密住宅のことです。20年以上前に建築された家は断熱にはあまり配慮されてません。

壁の断熱材はせいぜい50mmのグラスウールで、しかも実際の施工が不十分で隙間だらけ、窓は採光の為大きな一枚のガラスだけ。

これではとても外部の厳しい寒気、暖気を防ぐことは殆ど不可能です。

冬は玄関・廊下・トイレは外気と殆んど変わらないくらいまで室温(5度前後)が下がってます。

これはヒートショックの原因にもなり、エアコン、床暖房等暖房器具をバンバン使い本当にもったいないし身体にも良くないですね。

弊社は、このような住宅をエアコンもあまり使わないで床下の地熱を利用し、快適でしかも省エネな

住宅環境(玄関・廊下・リビング全て同じ温度)にリフォームすることを提案しています。

是非一度ご質問、お問合せ下さいませ。

弊社で地熱利用のリフォームをしたお客様宅のデータ(真夏と真冬)と普通のお宅の冬場の室内温度

(リビングの温度)のデータを掲示しております。

因みに弊社で断熱リフォームしたお客様から戴くお言葉は・・住まい心地がいい!気持ちいい!です。

< 東村山市・所沢市の住宅リフォームはお任せください。  |  一覧へ戻る  |  断熱住宅リフォームならBKプロダクトへご相談ください。 >

このページのトップへ